反物の処分に困っている方の反物処分方法


こんにちは。着物処分・買取110番の花梨です

着物を仕立てる前の布の状態の・・反物を抱えて悩まれて居る方も多いと思います。

自分はお裁縫もやらないし・・活用方法もイマイチわからない・・

長年使わないでしまっておいたせいで色ヤケしている・・

でも生地自体はとてもキレイで良い生地だし、捨てるには勿体ない!

ここでは、生地がステキだから、今度仕立てて貰おう!と思って購入したまま

仕立てずにずっと置いてある反物の処分に困っているかたのために

手間をかけずに簡単に処分出来る方法をお伝えしたいと思います。

反物の処分は着物以外のものにリメイクして使うか買取してもらう方法がある。

反物ですが、色ヤケや汚れなどが無い場合は着物として仕立てる事が可能ですが

着物に仕立てて着ようと言うかたの方が少ないと思いますので

今回は着物に仕立てる以外での活用方法、処分方法について簡単に説明させていただきたいと思います。

1・リメイクして再利用する。

反物が色ヤケしていたり汚れがある場合などに再利用をしたい場合は

洋服やバッグ、日傘や小物などにリメイクして使うのも一つの手段です。

しかし、この方法はご自身がお裁縫や洋裁が得意な方でなければ

誰かに縫ってもらい、作ってもらう事になります。

工賃が意外とかかり、安いものでも5000円~くらいになります。

2・着物の買取を得意としている業者に買取してもらう

ご自身でリメイクして使うとなるとどうしても手間や工賃がかかってしまいます。

愛着のある着物ならまだしも、そこまで愛着もない、よく分からない反物だという事でしたら

ゴミに出す前に、買取業者に査定をしてもらうことをおすすめします。

着物の買取を受け付けている業者はたくさんあるのですが

着物の事をよく分かっていない業者が査定をすると、10円とか、あるいは買取不可と言って

値段もつけられずゴミ同然で持っていかれてしまう事もあります。

着物の買取を得意としている買取業者さんに見積もってもらうことが重要になってきます。

また、反物は仕立て上がりの着物よりも若干買取価格は下がるそうなのですが

基本的には大きな差はないのでまずは実物を見てもらったほうがよさそうです。

着物の買取を得意としている業者はどこ?

そこで、着物の買取を得意としている業者で私が、一番オススメしたいのがスピード買取 です!

事実・・私の母は未仕立て品の着物(反物と同じ扱い)をスピード買取さんに査定してもらったところ

実は人間国宝の作品だったようで、15000円の値段がついた事があるんです!

その辺のリサイクルショップにその着物を査定してもらった時は100円と言われたのに。。ですよ!

着物の知識のあるかたに見てもらうとこうも違うのか・・とびっくりしてしまいましたよ・・。

査定の連絡をして、その日のうち~翌日までには査定に駆けつけてくれますし

査定だけでも、嫌な顔をせず受け付けてくれますしホントにおすすめです。

よろしければぜひ!査定を依頼してみてくださいね

スピード買取公式サイトはこちら